11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

〜日だまりの中で〜

〜光に包まれて〜
〜ショパン ノクターン第20番〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 動画 | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜もし良かったら・・・〜

ちょっと

 

人生が うまくいかなくて・・・

 

 

 

なんとかしたい

 

 

良くしたいと思っておられるなら

 

 

ぜひとも試してみて欲しいことがあります

 

 

 

 

理屈を言うと長くなってしまいそうなので

 

ズバリ結論から言いますね

 

 

 

 

たとえどんな状況でも

 

 

ちょっと微笑んでみて下さい

 

 

 

 

笑えないのに 微笑むなんて・・・

 

 

って思われるかもですが

 

 

 

とにかく

 

 

まぁ やってみよう ということで

 

 

微笑んでみて(^^♪

 

 

 

 

 

 

一日のうちで

 

 

何度でも思い出すたびに

 

 

微笑んでみて・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

あぁ

 

 

そっか・・・

 

 

 

これが本当の私なんだ

 

 

って 思えるまで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 20:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜ともに生きる〜

人生の醍醐味

 

 

素晴らしさ

 

 

それは共感   かな・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしも そうですよ

 

 

 

あなたと 同じです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 20:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜自分色〜

この世界に生きていて

 

私たちは年齢を重ねるごとに

 

好みが変わってきます

 

 

 

幼少の頃は おもちゃがとても大切でした

 

 

少し大きくなって

 

携帯が欲しくなりました

 

 

さらに大きくなって

 

異性が気になり始めました

 

 

自分の外見も気にし始めました

 

 

 

結婚して子供ができたら

 

子供の為に あれこれすることが楽しみになりました

 

 

そして 時々

 

子供のことで大変心を悩ませました

 

 

 

子供が一人前に成長し

 

それを とても感慨深く味わいました

 

 

子供が離れ

 

自分の仕事が終わった  と 感じた時

 

これからの人生を 自分の為に生きようと思いました

 

 

好きな時に 好きなことをするのは とても心地良いものです

 

 

 

 

ほど良い年齢を迎え

 

そろそろ いいかな

 

 

なんて 思ったりします

 

 

 

 

人生を振り返ってみた時

 

いろいろあったけど

 

それはそれで良かったんじゃないかと

 

 

そう思うのです

 

 

 

 

人生って何だろう・・・

 

 

 

 

それは 

 

その時々で感じること

 

 

それだけかもしれない

 

 

 

 

何を感じるのか

 

 

それは

 

その時々で感じる自分だ

 

 

 

外界のことを感じるのではなく

 

 

いわば

 

その時々の自分を感じているのだ

 

 

つまり

 

そうした自分は

 

初めからこの世界に訪れた時から

 

既に自分の中に集約されていたものを

 

時の移り変わりに応じて体験しているのかな・・・

 

 

 

ここに来る前に

 

自分が体験したい感覚を

 

初めにインプットしておいて

 

時の移り変わりとともに

 

自らの内側から開かれてゆく感覚を味わってゆく

 

 

 

この世界のありかたは

 

そんな個人の冒険かもしれない

 

 

 

この世界こそ

 

それを最も効果的にダイレクトに体験できる場なのだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 14:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜無限〜
個である自分特有の考え方を手放した時

そこには初めから無限だけが存在しているのだと気づかれることでしょう


無限ゆえに全てであるともいえます






| - | 10:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜神さま〜
私たちは自由に世界の全てに対して解釈します

様々な価値観でもって

価値観の数だけ

考え方の数だけの世界観があるといえます


つまり無限ですね


故にそうした全ての考え方 感じ方が真実であり また幻でもあります


私たちが何かを考える時

その大前提として決定権は考える立場にある私たちの理解がどこにあるか ですね


全てはそこで決まります


ですから私たちが不完全なか弱い存在と捉えている立場からと 本来神と等しく素晴らしい存在であると理解されている立場からとでは あらゆる全ての事柄への解釈は異なってくるのです


神が罰を与えるという考えも

神がいつも助けてくれるという考えも

神は何も干渉しないという考えも


全ての根幹は私たちにあるのです


全てを決める無限性が私たちにあり


それ故に私たちは無限の存在です






| - | 10:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜孤独〜
一見

孤独と思われる独りの時間が多ければ多いほど

私たちの感知できない水面下の深い深い部分で

大いなる自己との交流が深められているのだと思われるといいですね








| - | 10:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜氷山〜
氷山の一角というたとえがあります


私たちの生きている世界がそうであるのなら

本来の私たちは それをも含む水面下ですね


本来の私たちである大きく静かで穏やかな水面下を知って そこを拠点としていることができたら

水面上のさざ波に影響されることは少なくなるでしょうね









| - | 10:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜そうなる〜
あなたの望みは


そうなるべくして

そうなります



まるで初めから決まっていたかのように…







| - | 14:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜まぶしい貴方〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 動画 | 20:54 | comments(0) | trackbacks(0) |

| * | >>