05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

〜日だまりの中で〜

〜光に包まれて〜
〜Love me〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 動画 | 17:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜Kiss the Rain〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 動画 | 20:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜感謝の心〜

野に咲く一輪の花を美しいと感じるのは私達の心

 

 

もしかしたら それをそうとは感じないかもしれない

 

 

 

幼子の笑顔を微笑ましく感じるのも私達の心

 

 

幼子は私たちを微笑まそうとは思っていない

 

 

 

海に沈む夕陽の輝きに感動するのは私達の心

 

 

 

人の親切をありがたいと感じるのも私達の心

 

 

 

私達の心が全てを決めています

 

 

私達の心が豊かであれば

 

全てが豊かに感じられることでしょう

 

 

全ては ただそうであるがままに存在します

 

 

でも

 

 

それらを美しいと感じたり

 

 

素晴らしいと感じたりするのは私達次第ですね

 

 

ですから 全ては私達が決めています

 

 

決定権は自分にあります

 

 

誰もそれを強制していません

 

 

誰かのせいでもありません

 

 

 

自分の幸せは自分で決めることができます

 

 

自らの力で

 

他に頼ることなく幸せに導くことができます

 

 

 

私達の日々の心掛け次第で それはどのようにもなります

 

 

 

一般的に言われている波動を上げるということは

 

 

今までの考え方、思い方を変えるということでもあります

 

 

考え方、思い方が変化しますと それに見合った世界が広がります

 

 

それは本当にシンプルで難しいことはないんですね

 

 

 

それで一番間違いがなく

 

 

最も高いところの波動が感謝ですね

 

 

 

感謝できてもできなくても

 

 

いつもありがとうの気持ちで過ごしますと

 


どんどん素晴らしいことが起きてくるようになります

 

 

これは感謝の心に波動があった出来事が起こるからです

 

 

その世界に住むようになるからです

 

 

今までと同じ世界に住んでいると思われるかもしれませんが

 

違う世界に住んでいます

 

 

 

感謝の心にはとても深いものがあって

 

 

全てを存在せしめているもの

 

 

私たちを含め そうであるものへの称賛

 

 

祝福でもあるんですね

 

 

一つになるということ

 

 

一つであるということの再認識ですね

 

 

 

呼吸と同じだと思います

 

 

鼓動もそうですね

 

 

 

生きとし生けるもの

 

 

存在する全て

 

 

表現の全て

 

 

全てを構成しているもの

 

 

全てを そうあらしめているもの

 

 

 

それらと一つであるということです

 

 

 

 

感謝は私たちを それらと一つであるということを知らしめてくれます

 

 

思い出させてくれます

 

 

それそのものだから

 

 

 

そう在るべくして そう在るのです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 20:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜River Flows in You〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 動画 | 14:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜静かなるもの〜

人生には様々なことが起きて

 

 

そして それによって心から喜んだり

 

 

絶望したり

 

 

いろんな感情を味わって・・・

 

 

 

 

 

それが人生と言うのであれば そうですね

 

 

 

 

 

でも

 

 

それを感じていながら

 

 

同時に

 

 

本当はどちらでもいい

 

 

 

どちらにせよ

 

 

私は私のままで何も変わらないのだ

 

 

ということを知っていれば安泰ですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 21:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜それとともに〜

この世界を構成している本質

 

 

全ての現れを表現可能にしているもの

 

 

 

私の外側も

 

 

私の内側も

 

 

そして その全てを形づくっているこの不可思議なエネルギー

 

 

 

それを父なる母なる愛と呼ぶのならば

 

 

いつも それに感謝したい

 

 

 

 

いつも 私とともに在るもの

 

 

いつも私自身でもあるもの

 

 

この世界も

 

そして 全てを存在せしめている この不可思議なもの

 

 

それを父なる母なる愛と呼ぶのならば

 

 

いつも

 

どんな時にでも

 

それに感謝したい

 

 

 

私達は いつも それであり

 

 

それとともに在るのだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜静寂〜

いつも ここに静寂があります

 

 

それは私達の価値観のないところ

 

 

 

既に全てが受け入れられて

 

全てが許されて

 

全てが認められて

 

全てがそのままで愛されているところ

 

 

 

許していないのは私達の価値観

 

受け入れることができないのも私達の価値観

 

認めることができないのも そう

 

愛することができないのも私達の勝手な決めつけに過ぎません

 

 

 

本当は既に もう初めから問題はなかった

 

 

私達の価値観が 多くの想いが

 

私たちを縛り

 

様々な規制を強いていただけなのです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 20:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜おしゃべり〜
そのおしゃべりに意味はありません


湧き上がる言葉は現れては消えていきます


ですから発せられた言葉の一つをとらえて悩んだりしたらつまらないですね


つまり悩む必要もないということですね



いつまでそうした習慣を繰り返し繰り返し無意識に続けてゆくのか


そろそろその輪から抜け出すのか


決めるのは私たち次第ですね










| - | 14:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜静寂〜
普段は瞑想はしないのですが


昨夜 真夜中に目が覚めて そのあまりの静けさに瞑想をしたくなりました



座椅子に座りそのまま静かにしていました


肉体の感覚はなく 呼吸すらもしているのかわからないほど静寂だけがありました


寝起き間もないせいか全く思考が湧いてきません



そこに かすかに静けさを認識する感覚がたまに起きるだけです




この何もない平和な静寂からしますと


日頃の私たちはいかに多くの雑音を相手に格闘していることか…



それを楽しんでいるとも言えますが



瞑想の大切さはよく耳にします


その深い静寂に馴染んできますと


自分にとって必要なことと
そうでないことが明確になってきます


いたずらに自分の思考に振り回されることがなくなってきます



普段の生活の中にあっても動揺しない自分 安心感 幸せ感が自ずと培われていくのです








| - | 13:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜Ave Maria〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 動画 | 21:25 | comments(0) | trackbacks(0) |

| * | >>