05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

〜日だまりの中で〜

〜光に包まれて〜
〜ありのまま〜

考えている

 

思っている

 

 

 

ということから外れる

 

 

そういう仕組みからずれてしまう

 

 

 

 

 

 

そこには ありのままの あなたがいる

 

 

 

それは 同じあなたのようだが

 

思考のあなたではない

 

 

だから悩んではいない

 

悲しんでもいない

 

特に歓んでもいない

 

 

 

しかし

 

 

とても穏やかで 平和の調べとともに在る

 

 

静寂で全くの不動でもある

 

 

 

 

 

それはいつも在るのだ

 

 

 

 

 

それを知ると どうでもよくなる

 

 

何も変わらない完全なる自分があることがわかるから

 

 

あとは どうでもよくなる

 

 

 

とても 強く

 

 

美しく

 

 

そして 優しく不動である

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 19:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜あなた色〜
無色透明な水に黄色の雫を一滴垂らすと
水は黄色に染まります



黒のインクなら水は黒色に染まります


赤なら赤に白なら白に




水は世界で

あなたは自由な色です








| - | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜君のままで〜

 

 

 

〜親愛なるyokoさんへ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 動画 | 16:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜無限〜
無限は そこに制限がありません


一定の価値観でもって判断されるということはありません



無限ゆえに全受容です




指をパチンと鳴らして


いま無限になってみる



思考の習慣病から解放された自分を感じてみる




無限の視点を知って有限を生きること


それを知らずして有限の世界に巻き込まれていること


生き方は人それぞれですね












| - | 11:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜そよ風にふかれて〜
5月のこの時期は気候もとても良く過ごし易いですね


こんな時は自然の中に足を運ばれてみたらいかがでしょうか



青空に溶け込んで

ゆっくりと流れ行く雲を眺めて


風を感じて


小鳥の冴えずりに気づいて


薔薇の香りに満たされて…




ただ そうしているだけで


そのことを楽しんで


何も考えず



いつも考えてばかりいるから


いつも 嫌という程 思ってばかりいるから


そうした作業は一旦辞めて


その絶え間ない作業から日々受ける拘束重圧から あなた自身を解放させてあげて下さい


いま全くの自由になって


0になって






今あるご自分の状態を感じて それを判断し そこから抜け出そう 改善しようという想いから解放されて

ただ今ある自然に溶け込んで

その素晴らしさを堪能されてみてはどうでしょうか





気づいてみたら

気持ちがとても軽やかになっていることでしょう







あなたを悩ませていたものは何でしたか











| - | 11:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜ゆだねる〜
私たちの身に起こる全てが あらかじめ決められてあるものとしたのなら どうでしょう


勿論 決めたのは私たちです

色々 相談して最高の人生を決めました


でも その記憶はありません



私たちの人生の途上で その時々に応じて完璧な展開が設定されているとしたのたら どうでしょう



おまかせする


全たくするということは

それを信じて または それを知って生きるということです


今のあなたが そうであることに一つの間違いはなく


そのままに それを生きている


そこには完璧があるだけです



そう思えないとしたのなら

今は そう思えないという状態で そのまま完璧であるということです


いづれ時の訪れとともに知るが起こります








| - | 16:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜自然の流れ〜
季節の訪れとともに果実が熟するように


私たちの気づきも急がず遅れず

確実に正確に私たちにもたらされます



それは知識としてではなく 私たちそのものとして そうなります


ですから思考の中で考えるという作業の中にはありません


それらは あくまでも思考の働きであって 範疇が異なります



あなたであること


あなたが そうあり そのあなたが生きておられることが覚醒です


言葉ではありません

思考でもありません


ですから

そこには何故はありません


そこに難解は存在せず


今のあなた自身としてそうあるということです










| - | 11:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜安らいで〜
それでいい



それも いいかもしれない






そんなふうに思えた時


風がやさしく感じられて


きっと ホッとされることでしょう












| - | 10:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜秘めたるもの〜
自己の中に広がる果てしなく透明な青空のように


静かに

深く深く

どこまでも深く

あなたが消えてしまって久遠に溶けてしまうような
限りなく穏やかな海のように



そんな愛の本質に触れたのならば



溢れんばかりの歓びに満たされることでしょう











| - | 11:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜営み〜
いま この瞬間にも


この世界の全ての存在が呼吸をしています



とても静かに


とても穏やかに


健やかに




意識せずとも


全ての存在が

静かに 静かに

呼吸を営んでいます




一なる宇宙が


ただ静かに呼吸をしています




私たちをあらしめている力が

ここに生きておられます









| - | 13:31 | comments(0) | trackbacks(0) |

| * | >>