02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

〜日だまりの中で〜

〜光に包まれて〜
〜自己への信頼〜

この世界に来たことは

 

 

自分が望んでしたことであって

 

 

 

 

 

だから自分の望みは必ず叶い

 

 

全ては成就されることでしょう

 

 

 

 

 

いま そうあることも

 

 

これから そうあることも

 

 

そのままで

 

 

その全てがうまくいっていて

 

 

 

 

 

もしかしたら

 

そう思えない自分があるかもしれないけど

 

 

 

それも

 

 

そうであることで

 

 

そのままで いい

 

 

 

いまは それで いい・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

静かに

 

 

くつろいで

 

 

あなたの内に入っていって

 

 

 

 

 

 

 

いつも

 

 

そこに安らぎがあります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いのち そのままの安心と

 

 

尊厳と

 

 

歓びと

 

 

全てを愛おしむ心と・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 16:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜感じるということ〜

私たちは

 

 

感じる だけ

 

 

 

 

 

 

気づきを与えてもらう だけ

 

 

 

教えてもらう だけ

 

 

 

導いてもらう だけ

 

 

 

 

 

いつも

 

 

いつも多くの存在に見守ってもらっています

 

 

 

 

 

 

 

 

でも 

 

 

共同作業ですね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 11:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜あの日のこと〜

ふと

 

 

若かりし頃のことを思い出しました

 

 

 

 

 

もしも今の自分の理解

 

そして気づきを

 

あの時の僕が持ち合わせていたのなら

 

 

 

あの苦しみも

 

 

悲しみも

 

 

困難も

 

もっと楽にスムーズに乗り越えることができたのかもしれない・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

いや まてよ

 

 

あの時 自分がまだまだ未熟だったがゆえに

 

あの苦しみも

 

悲しみも

 

困難も

 

そして飛び上がらんばかりの歓びも

 

そのままダイレクトに体験できたんだ

 

 

 

 

 

もしも

 

あの時

 

今の理解力が備わっていたのなら

 

あれほど鮮明に

 

あれほど強烈に感じることはできなかったことだろう

 

 

 

 

 

私たちの人生と

 

 

私たちの気づきは

 

 

とてもうまい具合にかみあっていて

 

 

 

 

そう

 

 

すべてはうまく運ばれている

 

 

 

あらためて そう思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜平和〜

私たちは目の前の出来事にあまりに過敏に反応し過ぎているのかもしれません


もちろん 今がとても大切で 一瞬一瞬を大事に生きる姿勢はとても尊いものですね


でも 

 

目の前の出来事にあまりに強くフォーカスしてしまうと全体性を見失ってしまうこともしばしばです


一つのことに執着してしまうと

 

その世界のみに捕らわれてしまい少し不自由な自分を感じてしまうことでしょう
 

 


どのようなことも ちょっとだけ後ろに引いている自分から観ている


別の言い方をするのなら 世界から離れたところから観る


別の次元から眺めるということでしょうか


そんな感じで眺めて対応してみると いいかもですね



とんでもない大変なことは  私たちが思っているほどではなく

 

その多くはあまり大したことでなく



どちらでもいいことかもしれないし



どうでもいいことかもしれません

 

 



あなたの人生を終えて振り返ってみた時


今の些細な不快さは取るに足らないことに

 


いいえ



思い出すことさえ出来ないことかもしれませんね






 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

| - | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜今日はどんな日〜

今日は どんな一日でしたか?

 

 

 

楽しい日でしたか

 

 

それとも ちょっと大変な日でしたでしょうか

 

 

 

どちらにせよ

 

 

今日という一日は まもなく終わります

 

 

そして

 

 

新たな一日が私たちに訪れます

 

 

 

明日は素晴らしいことが起こるかもしれませんね

 

 

楽しみですね

 

 

 

でも

 

今日と同じように 明日も過ぎ去ってゆきます

 

 

あさっても

 

 

しあさっても

 

 

その次も ずっと同じように巡り巡ってゆきます

 

 

 

ずっと そんな具合に何年も何十年も生きてきました

 

 

 

長い月日の間にいろんなことがありましたね

 

 

 

 

でも あなたは あなたのままですね

 

 

いろんな経験を積まれて

 

いろんな知識は増えますが

 

 

やっぱり

 

あなたは あなたのまま・・・

 

 

 

 

この感覚 わかるでしょ?

 

 

 

 

 

なにか変わったでしょうか

 

 

 

あなたのまま いつもここにいるのではないでしょうか

 

 

 

 

 

だから

 

ほんとうに ここに永遠のあなたが存在してるだけなんですね

 

 

 

 

ですから

 

何も心配しなくて

 

 

永遠ですから

 

 

ゆったりと

 

 

安心されて生きてゆかれるのがいいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 20:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜完全〜

全ては 今の私たちの解釈によって決まっています

 

 

そう決めているのなら そうなんですね

 

 

私たちが決めていることが

 

私たちにとっての真実です

 

 

 

私たちはこの世界に生きていて

 

いろんな体験をして

 

いろいろ感じます

 

 

そして 多くの価値判断をし

 

自分なりの意見を主張します

 

 

 

高みを求める方は

 

今の自分をまだまだだと感じ

 

理想とする自分を目指して努力されるかもしれません

 

 

 

でも

 

いったん そういった考え方を横に置いて

 

 

もしかしたら

 

自分は このままで

 

いまのままで完全なんじゃないか

 

 

そう思ってみるのもいいかもしれませんね

 

 

 

 

今の自分が感じていること

 

 

今の自分が思っていること

 

 

それらの全ては

 

今の自分そのものであって

 

ただ そうであるのだから

 

他の何とも比較しようがないんですね

 

 

 

それが そのままで

 

独自なものの観方で素晴らしいと思うのです

 

 

 

私たちの思考の中には

 

他と自分を比較してしまい

 

そこに優劣を付けてしまう癖

 

傾向が潜んでいます

 

 

 

それが あるがままの素直な私たちの姿をゆがめてしまっているのかもしれませんね

 

 

 

 

今 わたしは このままで完全で

 

 

他の何とも比較することもなく

 

 

独自でオリジナルな私を生きている

 

 

私を感じている

 

 

私を表現している・・・

 

 

 

 

 

それは 

 

 

ただ それだけで

 

 

とっても

 

 

とっても素晴らしいことじゃないのかな・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 20:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜空〜
特定な波が無い状態を空といいます


その時


個人はいないとも言われます



全体とともに在りますから とてもくつろいだ状態です




批判も評価も そのような波を超えたところのもの



全てを包み込んでいるところのもの



あらゆる波が複雑に絡み合い交錯し顕れているこの世界にいながらそれらの波から影響を受けないところのもの



ゆったりとした呼吸にあるもの




存在と共鳴しているところのもの




すでにここにある平穏












| - | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜理解〜
私たちは常にある波を持って振動しています


波動ですね


姿形以前にそうです


その時の自分の波と一致した時が同調であり共鳴です


波が一致しますから姿形は離れていても本質のほうが共鳴しているので 一つを感じます


一つが感じられますから離れていないので安心します


その時はとっても嬉しいですね



波が一致していないと自分とは違うんだという分離感が湧いてきます


そして私たちの思考はそれを増幅してしまいます



時には受け入れることが出来ないばかりか自分の波を維持する為に攻撃したり排除しようとしてしまうことさえあります




人生で多くの体験を重ね 様々な価値観 考え方という波を理解できるようになると自分というその時々の固有な波にこだわることはなくなってきます


正しいも間違いも ある特定な価値観 波を基準に判断したところのものです


私たちは実に変幻自在な波動そのものでもありますから


もう 自己主張することも他を批判することもなく


ただ いまそのように振動している幻
振動体がそこにあるだけなのだと知ります




どんな波動も自分でありえますから 全体性でもって存在できたのなら素敵ですね



それが在るということですね











| - | 09:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜フォーカス〜

大切なことは

 

何に意識を向けているかでしょうね

 

 

 

嫌なことか

 

楽しいことか

 

 

たまたま起きてきた不快な気持ちに対してか

 

 

たまたま誰かに言われた気になる言葉か

 

 

 

それとも 素晴らしい自分の夢か

 

 

想像できる嬉しいことか

 

 

 

 

世界で起きている不幸な出来事か

 

 

誰かの人生に起きている悲しいことか

 

 

 

それとも

 

 

誰かの笑い声か

 

 

うれしそうな笑顔か

 

 

 

 

ニュースで報道される気持ちが暗くなる出来事か

 

 

思わず笑ってしまうことか

 

 

 

 

 

それらの どれを選んでも

 

 

どれを感じてもいいんですよね

 

 

 

これを選ばなくてはいけないというのはないんですね

 

 

 

そして

 

 

どれが正しい間違いというのもありません

 

 

 

 

そうであるのならば

 

 

あなたが不快に感じることを選ぶ必要はありませんね

 

 

 

 

ご自分が楽しくて

 

 

嬉しくなるような

 

 

明るい気持ちになるようなものを選ぶだけですね

 

 

 

 

大切なのは

 

 

何に意識を向けているか

 

 

それだけです

 

 

 

 

あなたが最も好きなことに意識を向けている

 

 

 

それが いまのあなたの状態ですね

 

 

 

 

幸せ感も

 

 

不幸感も そこにあります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜しるし〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 動画 | 16:37 | comments(0) | trackbacks(0) |

| * | >>