07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

〜日だまりの中で〜

〜光に包まれて〜
〜自由〜

男であること

女であること

夫であり妻であること

大人であり子供であること

若いこと

年をとっていること

先生であること

生徒であること

部長であり新入社員であること

人間であること


全ての現れに特定な観念 価値観が付随してきます


誰が決めたのかも不明な価値観に従って私たちは生きています


そしてその価値観に縛られ悩みます



自由になりたいからといって今の自分の全てを捨ててしまっては大変なことになってしまいます


形はどうでもいいんですね

中身が変わればいいだけです


今の自分の役割のままで

でも それは本当の自分ではなく仮の姿にすぎないということを知っていればこだわりは消えます





ひとり静かに

何もしない時を持つことは私たちの心に栄養を与えてくれます

想いを放ち 誰でもない何者でもないひとときを


そんな贅沢な時を ご自分にプレゼントしてあげるのもいいですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






 

| - | 11:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜安心のありか〜
私たちはそれぞれが独自の思考の世界にいます


思考の世界を楽しみ様々な感情を味わえることは素晴らしいことです


悲しみ

怒り

歓び


それらの全てを十分に味わうことができるということは実に豊かなことです


でも いつまでも不快な気持ちでいるのは嫌ですね


そこで想いを放つことが大切になります

いつまでも特定な想いに捕らわれていますと苦しいです


苦しんでいるのは自我ですね


逆に言いますと自我があるから苦しみます


自我とは各自の特定の価値観です

こうでなければならない

これは良い

これではダメだ

などという価値観です

それに従って それを基準に生きているので その基準に引っかかる時 不快になります


全ての価値観 基準が自我ですから それらを解放して どちらでも良いという位置に立ちますと 自由になります


自分を苦しめていたのは他ならぬ自分の中の固定概念であったと知ります


安心 安らぎ 平和は心配や恐れのない状態です


ですから 自分の中のこうでなければならない や
好き嫌いがなくなってきますと価値判断を下す基準となるものがなくなるので今まで自分を縛っていた想いから解放されます


平和は今 等しく私たちにあります

私たちの心にこだわりがなく自由であれば いつもここにあります








| - | 10:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜The day after〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 動画 | 20:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜Time Forgets〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 動画 | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜強い自分〜

起こる出来事に

 

あれこれ思考を交えて判断しなくなりますと

 

 

そこに強い自分が顕れてきます

 

 

強いといいますか

 

不動といった方が正確かもしれませんね

 

 

 

何が起きても動揺しない

 

 

どうでもよいこと

 

どちらでもいいことに思考を働かせない

 

思考に持っていかれない

 

 

 

全てクリアできる自分が そこにいます

 

 

そうわかります

 

 

 

自信とも言えますが

 

それさえもこだわらない

 

 

厳然としたもの

 

 

 

 

 

でも きわめてふつうの私

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 20:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜解放〜
自分の中にあるこだわりは なかなかわかりません



何らかの形でつらい状態になった時


それらが解放されようとしています


決して苦しみのみがあるのではなく


嵐が去った後の歓び

平穏があなたにもたらされます








| - | 10:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜美しい〜

優しくするとは

 

 

温かく触れ合うとは

 

 

人を思いやるとは

 

 

 

 

 

君を見てると

 

僕にもできそうな気がする

 

 

 

 

 

イエスさんや お釈迦さんが

 

そう言ったとしても

 

僕にはきっと難しいだろう

 

 

 

でも

 

 

いま 目の前で

 

君がそうしてるのを見てると

 

僕にも同じようにできるかもしれない

 

 

そう思える

 

 

 

 

そして僕も そうしたい

 

 

そう自然と思えるから不思議だ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 19:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜いま〜
いつも私たちにあるのは いまですね?


だから

いつも いまどうあるか

それだけだと思います


自分が望むようにあることは私たちにできるんです


その力が私たちにはあります


私たちのそうした瞬々のあり方 日々のあり方を繋いだものを人生と呼ぶのかもしれませんね


でも いつでも全く新しいいま

私であることができます


だから素晴らしいですね






| - | 16:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜永遠〜
どこにいようと何をしていようと


私が存在しているという感覚はいつもありますね


これはずっとあります



私たちがこの世界に生きていて 初めに使うものは記憶がほとんどだと思います


記憶の中から馴染み深いものを選択してそれを参考にそれを道標として生きています



ですからとても制限があって 多くの固定化された観念を基準に生きているともいえます


その記憶からなる観念が全て幻想だとしてみますと


まさに幻想の世界に生きているともいえます





時のながれはあるの?




デジタル時計の数字は いつも今だけ表示しています


過去も未来も表示しません



今という永遠があるだけで


あとは全て観念が作り上げたものかもしれませんね




素敵なひとときを…♪







| - | 10:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜情熱〜

若いというのは とても素晴らしいことで・・・

 

 

 

それは もしかしたら

 

本当の自分を忘れていて

 

日々 多くの出来事に振り回されて

 

歓んだり

 

悲しんだり

 

飛び上がったり

 

へこんだり

 

しばしば絶望してみたり・・・

 

 

 

 

 

でも 忘れているからこそ

 

思いっきり生きることができるんですね

 

そして それが本当の自分であると思うことができる

 

 

実にうまく予定通りに生きていると思うんです

 

 

でも 時が満ちて

 

もう そろそろ いいかな

 

本当のこと思い出しても・・・って

 

 

 

真実に触れ

 

本当の自分が少しづつわかってきますと

 

感情に振り回されなくなってきます

 

 

全ての現れは言わば幻想であるということもわかってきます

 

 

静かに穏やかになってくるんですね

 

 

 

ある一つのレベルを超えると

 

自由性が高まります

 

要するに出来事や それに反応する想いから自由になれるということです

 

 

本当に 人生を楽しむのは ここからかもしれませんね

 

 

 

一度 世界を超えて

 

また世界を楽しむ

 

 

それはこだわりや執着がないから

 

本当に楽しめるんですね

 

 

好きなことを求めても

 

それを得ても得られなくても

 

どちらでもいい

 

でも 今度はきっと得られるんですけど・・・

 

 

 

表現の世界にいるのですから

 

人生 大いに楽しんでみてはどうでしょう?

 

 

 

 

 

素敵な人生を・・・♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 20:29 | comments(0) | trackbacks(0) |

| * | >>