11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

〜日だまりの中で〜

〜光に包まれて〜
〜シンプル〜
パソコンやスマホの普及にともない私たちの生活はずいぶん便利になりました

そして私たちは飽くなき便利さの追求 豊ささを追い求めてしまっています


スピリチュアルの世界においても同様ですね

新たなもの より斬新なものに また考え方に惹かれてしまう傾向があるのかもしれません


でも時代を超えて私たちの幸せの原点

歓びの本質は変わらないと思います


お互いを尊び

思いやり

優しく

そして感謝して生きていること


ただそんなシンプルなことだけで私たちは誰もが幸せを知り歓びを知り

私たちの本質を知ることができるのだとおもいます


そのままで本質を生きているわけですからね



覚醒に複雑なものは必要ありませんね


私たちは既にそれを知っています


そして

そう生きる


それだけですね












| - | 11:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜知らないこと〜

私たちは知らないことは 存在しない

 

ありえない と決め付けています

 

 

ですから その通りの世界を生きていますし

 

それを超える世界に生きることはできません

 

 

全て自分で そのように決めています

 

 

 

でも

 

 

無限の可能性が ここに既に存在していて

 

それを認めさえすれば

 

その世界が自分の現実になるという真実を知りさえすれば

 

私たちの世界は文字通り 無限に展開されてゆくことでしょう

 

 

 

あなたの目の前にある花瓶にさされた一輪のバラが

 

あなたに優しく微笑みかけていると知ったなら

 

 

あなたを取り巻く空気に精霊が宿っていて

 

あなたにいつも元気と勇気を送っていると気づいてのなら

 

 

この地球が

 

いつも あなたのことをこよなく愛していて

 

あなたとともに歩んで行くことに

 

無上の喜びを感じていると知ったのなら

 

 

あなたの目に見えない多くの存在が

 

いつもいつも あなたを応援し

 

いつもいつも あなたが幸せであってほしいと全力でサポートしてくれていることを知ったのなら

 

 

 

 

あなたはこれ以上の幸せはないと感じられることでしょう

 

 

なにも不満も 不安も起こらず

 

幸せに満たされて

 

溢れんばかりの歓びに満たされて

 

 

この世界を生きてゆかれることでしょう

 

 

 

 

全ての世界は

 

 

あなたに 今 開かれています

 

 

それを認め 受け入れるのは あなた次第です

 

 

 

 

 

あなたが認めたことは あなたの真実なのです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 16:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜自分とは〜

生きていて

 

様々な出来事に日々出会います

 

 

そして

 

私たちは 様々なことを思い感じます

 

 

それが私たちの個人の在り方です

 

 

 

それは いわば私たちの固有の習慣性のなせる技でもあります

 

 

 

もしも あなたが あなたでなければ

 

何か起きた時に あなたとは異なる反応を示すはずです

 

あなたとは違うことを感じ思うのです

 

 

ですから それが本来あなたはいないと言われる由縁です

 

あなたと言われているものは長い年月によって積み重ねられた価値観

 

反応の束です

 

 

一種の癖ですね

 

 

それを個人とも言います

 

 

それにコントロールされ ほとんど自動反応して生きているのが私たちの実態でもありますね

 

 

でも それを知ったからには

 

出来事に反応する自分を ちょっと距離を置いて観てみることもできますね

 

 

すぐに反応せずに

 

反応してしまう自分を見守る

 

ちょっとだけ 距離を置いてみる

 

 

そんなことを試みてみますと

 

 

以外や以外

 

 

えっ・・・

 

 

私って

 

私と思っていたものって

 

本当はただの習慣的な反応に過ぎなかったんだな

 

 

そう気づかれることでしょう

 

 

 

今までのように反応しなければ

 

もう それは私ではないんだな

 

 

 

 

 

私はいない

 

 

 

そのことがわかります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 15:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜美しき景色〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜好きな自分〜

 

 

 

あなたの中の正しさは

 

 

何を基準にされた正しさなのでしょうか

 

 

 

 

正しさとは 一時の価値基準をもとにした判断に過ぎません

 

 

 

 

あなた本来の歓びとは 価値基準を超えたものです

 

 

この世界を超えています

 

 

 

純粋な生命の躍動

 

 

何ものにもとらわれない自由な在り方

 

 

それが 歓びです

 

 

生命謳歌です

 

 

 

 

正しさという基準よりも

 

 

歓びを あなたの道しるべとしたのなら

 

 

 

 

 

ちょっと  素敵かもね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 詩画 | 14:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜無音〜
音のない世界では


窓越しに見える工事中のパワーシャベルも


ロードローラーも


美しい絵画として収まってしまうのが不思議












| - | 11:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜小春日和〜
ひとり静かに


ゆっくりとした呼吸とともにあると




全ての関わりから解放されて


そして


あらためて全てと融合して





自然の成り行きがそこにあり



変わらぬ永遠の平穏の中に

多種多様の変化が起きては消えてゆくのです










| - | 11:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜最も好きな自分〜
私たちがいつも最も好きな自分でいられたのなら

人生は楽しいでしょうね



あなたの明るさは人々の心を明るくし


あなたの笑顔は誰かを幸せにすることでしょう


あなたのジョークはかたくなな心を解きほぐし


あなたの優しさは誰かの心を潤わせ


あなたの静寂は人々を深遠なる平穏へと導かれるに違いありません




その時

最も好きな自分は
全ての中に溶け込んで…




そして

今日もいつもと変わらぬ平穏とともに

あなたは在るのです









| - | 10:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜個我〜

あなたの内面深くをたどっていくと

 

あなたは限りなく全体に溶け込んで行く

 

 

 

その時 あなたは

 

 

自分という個人はそもそも存在していない と感じる

 

 

それは あなたがその時 全体に溶け込んでいるからだ

 

 

 

 

しかし

 

 

あなたは存在する

 

 

 

 

個であるあなたが存在しなければ

 

 

あなたは自分の真の姿を知ることはできないのだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 15:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜父と子〜

全体で在る父は 全体であるが故に

 

自分を知ることはできない

 

 

そこで

 

父は自らの分身として 子であるあなたをもうけた

 

 

子であるあなたは自らの無限の可能性を追求し

 

あらゆる全てを体験し

 

今も体験しながら

 

自らの素晴らしさを父に伝えた

 

 

 

あなたが体験し

 

父はそれを理解した

 

 

 

あなたは父から分離したものであり

 

同時に父の一部でもある

 

 

 

与えるものと 与えられるものは一つであるのだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 15:34 | comments(0) | trackbacks(0) |

| * | >>