08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

〜日だまりの中で〜

〜光に包まれて〜
〜考え方〜

 

悩む時は 悩むのがよろしい

 

歓ぶ時は 歓べばいい

 

 

思うようにならない時 

 

 

不快を感じる時

 

 

それが問題だ

 

 

そう思うのであれば

 

 

そう思うことそのものこそが問題であると理解した時

 

 

問題は消滅する

 

 

 

人生とは

 

 

実に様々なことを体験し

 

 

豊かに生きることに他ならないからだ

 

 

 

自らの価値観 好き嫌いが問題を生み出していることに気づくことだ

 

 

 

 

考え方一つ 変わるだけで

 

 

全てが変容することは素晴らしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 19:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜思い出は 美しく〜

 

 

夏の夕立の時って

 

 

土ホコリの匂いがするでしょ?

 

 

 

 

あれ

 

 

わたし 好き・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 21:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜今を生きる〜

何も 知らない

 

 

全てを 忘れている

 

 

 

 

だから いい

 

 

 

だから 今を味わえる

 

 

心から

 

 

今を感じることができるのだ

 

 

 

苦しみも

 

 

悲しみも

 

 

歓びも

 

 

今を

 

 

今の全てを 全身全霊で 生きることができるのだ

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

それが 全て幻であると知っているのなら

 

 

いつも幸せでいられる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 01:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜愛はここに〜

君が幸せになろうとするのであれば

 

 

勇気をだして

 

ほんの少しだけ

 

今の君と違う自分を試みてみることだ

 

 

 

それは勇気のいることかもしれない

 

 

でも

 

 

もしも 君が

 

いまの人生に満足を得られなくて

 

 

今の人生を改善したいと思うのであれば

 

 

是非 試みてもらいたい

 

 

 

 

例えるのならば

 

 

今の君と

 

君の世界は

 

風呂おけに汲んだ白い水だ

 

 

君の価値観と それによる君の世界は白色だ

 

 

君は 長年積み重ねてきた習慣でもって

 

白の色の世界を創造している

 

そして その世界から逃れることができないでいる

 

 

 

その世界に嫌気がさして

 

自分の世界を変えたいと思うのであれば

 

君は

 

今までと同じであってはならない

 

 

別の君にならなければならないのだ

 

 

 

 

つまり

 

 

君の波動を変容させなければならない

 

 

 

 

では 

 

 

どのようにして君の波動を変えたらよいのか

 

 

 

君の考えることのできる最高善でもって変えることが良い

 

 

 

神なる君として

 

 

君はどう在ることができるか・・・

 

 

 

 

 

最も幸せであり

 

 

最も豊かであり

 

 

最も歓びに溢れており

 

 

いつも平穏であり

 

 

心 やさしく

 

 

微笑んで

 

 

限りなく静寂

 

 

 

そんな自分で在ることを許してしまおう

 

 

そこに ただ存在するのだ

 

 

それとして在るのだ

 

 

 

今までの君と

 

 

君の世界が白ならば

 

 

神なる君は黒だ

 

 

 

あくまでも これは例えだ

 

 

 

君の白の世界に

 

 

神なる君の黒の一滴を垂らすのならば

 

 

君の世界はたちまちに白でなくなる

 

 

黒の一滴から君の世界は灰色に変容するだろう

 

 

それは そうあるがべく そうなるのだ

 

 

 

でも そこで君は期待してはいけない

 

 

君の期待が黄色の世界であったとするのであれば

 

 

君はがっかりするだろう

 

 

 

なぜならば 君の世界は

 

 

君の期待通りの黄色には変容しないからだ

 

 

それは黒 もしくは灰色にしかならないからだ

 

 

 

もしも 君が黄色の世界を現したいのであるのならば

 

 

精妙な波動の仕組みを学ばなければならない

 

 

それは とても微妙で繊細で精密な法則でもって成立している

 

 

 

故に

 

 

今の君では

 

君の理解では それをコントロールすることはできない

 

そのマスターであることはできない

 

 

であるのならば

 

 

神に任せることより術はないのだ

 

 

 

つまり こうだ

 

 

君の考えられる最高善でもって

 

 

神なる君として在るのであれば

 

 

そこに 自ずから最高善が顕れるのだ

 

 

 

それを予期することはできない

 

 

しかし

 

 

最高善から起こる全てのことは

 

 

君の因果応報の世界を超越したところのものであるがゆえに

 

 

今 この瞬間

 

 

新たなる輝きを君の世界にもたらすのだ

 

 

 

期待はマインドの世界だ

 

 

全託は神なる調べだ

 

 

最高善に波長を合わせたのであれば

 

 

神なる美しき調べに任せることが良いのだ

 

 

君は ただ穏やかに過ごすのが良いのだ

 

 

そこにマインドを混在させてはならない

 

 

 

精妙なる調べに任せるのがベストなのだ

 

 

 

君が そうした生き方に精通してくると

 

 

もはや世界がどのようであろうと気にしなくなるだろう

 

 

 

世界がどうであろうと

 

 

君には一切関係なくなるからだ

 

 

 

 

君は君として在る

 

 

 

君が

 

 

君で在ることが

 

 

何よりも尊いことであるということを理解するからだ

 

 

 

 

そして

 

 

君で在ることが

 

 

世界を自ずから美しく変容してゆくことを知るからだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜神様のお話し〜

 

「神様って どこにいるのかな〜」

 

 

「っていうか  神様って何?」

 

 

 

 

 

「神様というよりさ

 

 

神性って言った方がいいかもね」

 

 

 

 

「それはさ

 

 

僕たちの心そのものだと思うんだ

 

 

 

優しい気持ち

 

 

温かな気持ち

 

 

人を 思いやる心

 

 

それが そのまま神さまの心だし

 

 

神さまといっていいんじゃないかな

 

 

 

 

かつての聖者が神様的にあがめられているのは

 

 

彼らが特別に神様という訳ではなく

 

 

彼らの行為が

 

 

そして彼らの心が とても美しく

 

 

神聖であった為に それ故 人々は感動し心を動かされ

 

 

称賛されているんだと思うんだ

 

 

 

だから 僕たちも同じだよね

 

 

 

僕たちが人に優しくできて

 

思いやりに満ちて

 

穏やかであったなら

 

そこに神聖が顕れているんだよね

 

 

 

 

それが神だと思うんだ

 

 

 

 

だから

 

 

僕も 君も

 

 

彼も 彼女も

 

 

みんな神さまさ

 

 

 

難しいことはないんだよね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 15:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜神秘の世界へ〜

太陽の温かさは

 

私たちの心を優しく包んでくれる

 

 

 

空の青さは

 

私たちの心を清浄に調整してくれる

 

 

 

植物の緑は

 

私たちの心を癒してくれる

 

 

 

 

そんな素晴らしい全てを備えた地球に

 

私たちは生きている

 

 

 

 

 

父なる母なる愛は

 

その全てをもって私たちを愛してくれている

 

 

 

 

 

 

 

当たり前の充溢に気づくと

 

 

そこから

 

 

限りなく深い神秘の扉が

 

私たちに開かれる

 

 

 

 

 

 

あなたは その世界へと足を踏み入れるのだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 16:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜ありのまま〜

考えている

 

思っている

 

 

 

ということから外れる

 

 

そういう仕組みからずれてしまう

 

 

 

 

 

 

そこには ありのままの あなたがいる

 

 

 

それは 同じあなたのようだが

 

思考のあなたではない

 

 

だから悩んではいない

 

悲しんでもいない

 

特に歓んでもいない

 

 

 

しかし

 

 

とても穏やかで 平和の調べとともに在る

 

 

静寂で全くの不動でもある

 

 

 

 

 

それはいつも在るのだ

 

 

 

 

 

それを知ると どうでもよくなる

 

 

何も変わらない完全なる自分があることがわかるから

 

 

あとは どうでもよくなる

 

 

 

とても 強く

 

 

美しく

 

 

そして 優しく不動である

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 19:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜法則〜

私たちの住む この世界には実に様々な法則があるようです

 

 

物理的なものであったり

 

 

精神的なものであったり

 

 

 

でも

 

 

そうした法則の全ては私たちが創ったもの・・・

 

 

 

 

私たちは それらの法則に操られたり

 

それらをうまく活用したり

 

 

いろいろですね

 

 

 

 

 

でも そうした多くの法則を超え

 

 

最優先される法則があるとしたのなら・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

関心がある方は

 

 

どうぞ見つけて下さい

 

 

 

 

 

 

努力せずとも 私たちが生まれながらにして持っているもの・・・

 

 

 

 

いつも あなたとともにあります♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 14:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜静寂〜

真夜中の世界はとても静かです

 

 

静寂に包まれています

 

 

でも 夜が明け

 

それとともに私たちが活動を始めますと

 

世界は とても賑やかになります

 

 

そして 私たちの内なる思考活動も

 

非常に活発になります

 

 

もはや そこには真夜中の静寂は感じられません

 

でも その静寂が無くなってしまったわけではなく

 

文字通り 外側の騒音の為に感じることができなくなっているだけですね

 

 

 

街中を離れ 自然豊かな山間に足を踏み入れますと

 

そこはとても静かです

 

 

時折 野鳥の鳴き声が聞こえ

 

風が木々を揺らす音が聞こえます

 

本当に世界を騒がしくしているのは他ならぬ私たちですね

 

私たちは常に そのような騒音に囲まれ

 

本来の自然な静寂を忘れてしまったのかもしれません

 

 

ですからそのような自然の静かな場所にいますと

 

自ずと私たちの心は安らぎます

 

 

瞑想を行うのも

 

本来の私たちの静けさを再認識する為ですね

 

 

共鳴でもそうです

 

静寂を知っている方と対面し

 

その静けさと同調することで

 

今まで忘れていた自らの中に存在する静寂に気づくことができます

 

 

それは常に初めからあったのだと

 

ただ 外側の騒音と

 

内側の思考という雑音にかき消され

 

気づくことができなかったんだと・・・

 

 

それを知り 少しづつ

 

それに馴染むように意識を向け始めますと

 

だんだん 思考の波 世界の騒音から

 

影響を受けることが少なくなってきます

 

 

そして騒音ではなく 自分の本質を生きるようになります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 08:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜やすらぎ〜

気持ちが穏やかでリラックスしている時

私たちは幸せを感じます



様々な思考が頭の中を行き交い

あれをしなければ  こうしなければ

 


あの人がこう言った


これは我慢できない


と  多くの想いが湧き上がってきますと


私たちは 平安な状態から それらの想いの波に瞬時にシフトしてしまいます


そして その想いの質と一つになります

それを感じます


でも 私たちの平穏は消えてしまったわけではなく


ちょっとだけ別の荒い波動に自分を合わせただけなんですね

そして 習慣の想いで その状態を本当の自分と思っているだけです


ただ ちょっとだけ想いの手を伸ばしてしまって その世界を感じてるだけなのに・・・

 

 


あなた自身は いつも安らいで穏やかな静寂



本当はいつもそれがあるんです


私たちの本質として存在しています

 

 

本質ですから消えることも なくなることもありません

 

 

ずっとあります

 



折に触れ


日常で それを感じた時

 

それに触れた時


私たちは幸せを感じるのでしょうね




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





 

| 一般記事 | 11:11 | comments(0) | trackbacks(0) |

| * | >>