12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

〜日だまりの中で〜

〜光に包まれて〜
〜もし良かったら・・・〜

ちょっと

 

人生が うまくいかなくて・・・

 

 

 

なんとかしたい

 

 

良くしたいと思っておられるなら

 

 

ぜひとも試してみて欲しいことがあります

 

 

 

 

理屈を言うと長くなってしまいそうなので

 

ズバリ結論から言いますね

 

 

 

 

たとえどんな状況でも

 

 

ちょっと微笑んでみて下さい

 

 

 

 

笑えないのに 微笑むなんて・・・

 

 

って思われるかもですが

 

 

 

とにかく

 

 

まぁ やってみよう ということで

 

 

微笑んでみて(^^♪

 

 

 

 

 

 

一日のうちで

 

 

何度でも思い出すたびに

 

 

微笑んでみて・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

あぁ

 

 

そっか・・・

 

 

 

これが本当の私なんだ

 

 

って 思えるまで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 20:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜ともに生きる〜

人生の醍醐味

 

 

素晴らしさ

 

 

それは共感   かな・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしも そうですよ

 

 

 

あなたと 同じです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 20:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜自分色〜

この世界に生きていて

 

私たちは年齢を重ねるごとに

 

好みが変わってきます

 

 

 

幼少の頃は おもちゃがとても大切でした

 

 

少し大きくなって

 

携帯が欲しくなりました

 

 

さらに大きくなって

 

異性が気になり始めました

 

 

自分の外見も気にし始めました

 

 

 

結婚して子供ができたら

 

子供の為に あれこれすることが楽しみになりました

 

 

そして 時々

 

子供のことで大変心を悩ませました

 

 

 

子供が一人前に成長し

 

それを とても感慨深く味わいました

 

 

子供が離れ

 

自分の仕事が終わった  と 感じた時

 

これからの人生を 自分の為に生きようと思いました

 

 

好きな時に 好きなことをするのは とても心地良いものです

 

 

 

 

ほど良い年齢を迎え

 

そろそろ いいかな

 

 

なんて 思ったりします

 

 

 

 

人生を振り返ってみた時

 

いろいろあったけど

 

それはそれで良かったんじゃないかと

 

 

そう思うのです

 

 

 

 

人生って何だろう・・・

 

 

 

 

それは 

 

その時々で感じること

 

 

それだけかもしれない

 

 

 

 

何を感じるのか

 

 

それは

 

その時々で感じる自分だ

 

 

 

外界のことを感じるのではなく

 

 

いわば

 

その時々の自分を感じているのだ

 

 

つまり

 

そうした自分は

 

初めからこの世界に訪れた時から

 

既に自分の中に集約されていたものを

 

時の移り変わりに応じて体験しているのかな・・・

 

 

 

ここに来る前に

 

自分が体験したい感覚を

 

初めにインプットしておいて

 

時の移り変わりとともに

 

自らの内側から開かれてゆく感覚を味わってゆく

 

 

 

この世界のありかたは

 

そんな個人の冒険かもしれない

 

 

 

この世界こそ

 

それを最も効果的にダイレクトに体験できる場なのだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 14:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜歓びあえること〜

本当の幸せって何かな・・・

 

 

 

やっぱり

 

 

それは 笑顔であったり

 

 

 

 

 

僕らが 一緒に

 

 

歓びあえることかな・・・

 

 

 

 

 

お互いを讃え合って

 

 

そこに 笑いがあって

 

 

一緒に歓びあえること

 

 

 

 

人生の目的なんて 大げさなことを言うわけじゃあないけど

 

 

その瞬間 瞬間で

 

 

心が穏やかで

 

 

ともに歓びあえたのなら

 

 

それが一番素敵なことなんじゃないかな

 

 

本当は 何よりも一番尊いことかもしれないよ

 

 

 

何かをなしとげるとか

 

何かになるとか

 

それは結果に過ぎなくて

 

 

そんなことじゃなくて

 

 

その瞬間 瞬間輝いて

 

 

生きている幸せをかみしめて

 

 

それが一番幸せなんじゃないかな

 

 

 

 

それが生きている証だし

 

 

生の歓びだし

 

 

生命の歓びなんだと

 

 

そんなふうに思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 20:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜そよ風の誘惑〜

草原に寝そべって

 

 

草の香りを感じながら

 

 

風に身を任せてみる

 

 

 

 

 

 

 

少し冷たい風は とても心地よく

 

 

私は風とひとつになる

 

 

 

 

 

私の身体は 空洞となり

 

 

私は消えてなくなる

 

 

 

 

 

 

ただ

 

 

風だけが吹いているのだ

 

 

 

 

 

 

至福のひととき

 

 

 

 

 

 

そこに目的はなく

 

 

 

 

ただ 至福だけがあるのだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜指針〜

あなたの人生は

 

 

本来 自由

 

 

です

 

 

 

世間体とか常識とかは関係ありません

 

 

法律も関係ありません

 

 

そのようなものは

 

 

その時々で いかようにも変わりうるものだからです

 

 

 

そんな あいまいな決まりごとに

 

 

あなたを従属させることはありません

 

 

 

 

 

あなたの指針は

 

 

たとえ誰が何と言おうと

 

 

あなたにとって最も心地よいこと

 

 

それだけです

 

 

 

 

それが あなたの故郷の香り

 

 

ぬくもりであり

 

 

安らぎです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜考え方〜

 

悩む時は 悩むのがよろしい

 

歓ぶ時は 歓べばいい

 

 

思うようにならない時 

 

 

不快を感じる時

 

 

それが問題だ

 

 

そう思うのであれば

 

 

そう思うことそのものこそが問題であると理解した時

 

 

問題は消滅する

 

 

 

人生とは

 

 

実に様々なことを体験し

 

 

豊かに生きることに他ならないからだ

 

 

 

自らの価値観 好き嫌いが問題を生み出していることに気づくことだ

 

 

 

 

考え方一つ 変わるだけで

 

 

全てが変容することは素晴らしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 19:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜思い出は 美しく〜

 

 

夏の夕立の時って

 

 

土ホコリの匂いがするでしょ?

 

 

 

 

あれ

 

 

わたし 好き・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 21:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜今を生きる〜

何も 知らない

 

 

全てを 忘れている

 

 

 

 

だから いい

 

 

 

だから 今を味わえる

 

 

心から

 

 

今を感じることができるのだ

 

 

 

苦しみも

 

 

悲しみも

 

 

歓びも

 

 

今を

 

 

今の全てを 全身全霊で 生きることができるのだ

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

それが 全て幻であると知っているのなら

 

 

いつも幸せでいられる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 01:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜愛はここに〜

君が幸せになろうとするのであれば

 

 

勇気をだして

 

ほんの少しだけ

 

今の君と違う自分を試みてみることだ

 

 

 

それは勇気のいることかもしれない

 

 

でも

 

 

もしも 君が

 

いまの人生に満足を得られなくて

 

 

今の人生を改善したいと思うのであれば

 

 

是非 試みてもらいたい

 

 

 

 

例えるのならば

 

 

今の君と

 

君の世界は

 

風呂おけに汲んだ白い水だ

 

 

君の価値観と それによる君の世界は白色だ

 

 

君は 長年積み重ねてきた習慣でもって

 

白の色の世界を創造している

 

そして その世界から逃れることができないでいる

 

 

 

その世界に嫌気がさして

 

自分の世界を変えたいと思うのであれば

 

君は

 

今までと同じであってはならない

 

 

別の君にならなければならないのだ

 

 

 

 

つまり

 

 

君の波動を変容させなければならない

 

 

 

 

では 

 

 

どのようにして君の波動を変えたらよいのか

 

 

 

君の考えることのできる最高善でもって変えることが良い

 

 

 

神なる君として

 

 

君はどう在ることができるか・・・

 

 

 

 

 

最も幸せであり

 

 

最も豊かであり

 

 

最も歓びに溢れており

 

 

いつも平穏であり

 

 

心 やさしく

 

 

微笑んで

 

 

限りなく静寂

 

 

 

そんな自分で在ることを許してしまおう

 

 

そこに ただ存在するのだ

 

 

それとして在るのだ

 

 

 

今までの君と

 

 

君の世界が白ならば

 

 

神なる君は黒だ

 

 

 

あくまでも これは例えだ

 

 

 

君の白の世界に

 

 

神なる君の黒の一滴を垂らすのならば

 

 

君の世界はたちまちに白でなくなる

 

 

黒の一滴から君の世界は灰色に変容するだろう

 

 

それは そうあるがべく そうなるのだ

 

 

 

でも そこで君は期待してはいけない

 

 

君の期待が黄色の世界であったとするのであれば

 

 

君はがっかりするだろう

 

 

 

なぜならば 君の世界は

 

 

君の期待通りの黄色には変容しないからだ

 

 

それは黒 もしくは灰色にしかならないからだ

 

 

 

もしも 君が黄色の世界を現したいのであるのならば

 

 

精妙な波動の仕組みを学ばなければならない

 

 

それは とても微妙で繊細で精密な法則でもって成立している

 

 

 

故に

 

 

今の君では

 

君の理解では それをコントロールすることはできない

 

そのマスターであることはできない

 

 

であるのならば

 

 

神に任せることより術はないのだ

 

 

 

つまり こうだ

 

 

君の考えられる最高善でもって

 

 

神なる君として在るのであれば

 

 

そこに 自ずから最高善が顕れるのだ

 

 

 

それを予期することはできない

 

 

しかし

 

 

最高善から起こる全てのことは

 

 

君の因果応報の世界を超越したところのものであるがゆえに

 

 

今 この瞬間

 

 

新たなる輝きを君の世界にもたらすのだ

 

 

 

期待はマインドの世界だ

 

 

全託は神なる調べだ

 

 

最高善に波長を合わせたのであれば

 

 

神なる美しき調べに任せることが良いのだ

 

 

君は ただ穏やかに過ごすのが良いのだ

 

 

そこにマインドを混在させてはならない

 

 

 

精妙なる調べに任せるのがベストなのだ

 

 

 

君が そうした生き方に精通してくると

 

 

もはや世界がどのようであろうと気にしなくなるだろう

 

 

 

世界がどうであろうと

 

 

君には一切関係なくなるからだ

 

 

 

 

君は君として在る

 

 

 

君が

 

 

君で在ることが

 

 

何よりも尊いことであるということを理解するからだ

 

 

 

 

そして

 

 

君で在ることが

 

 

世界を自ずから美しく変容してゆくことを知るからだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) |

| * | >>