11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

〜日だまりの中で〜

〜光に包まれて〜
〜好きな自分〜

 

 

 

あなたの中の正しさは

 

 

何を基準にされた正しさなのでしょうか

 

 

 

 

正しさとは 一時の価値基準をもとにした判断に過ぎません

 

 

 

 

あなた本来の歓びとは 価値基準を超えたものです

 

 

この世界を超えています

 

 

 

純粋な生命の躍動

 

 

何ものにもとらわれない自由な在り方

 

 

それが 歓びです

 

 

生命謳歌です

 

 

 

 

正しさという基準よりも

 

 

歓びを あなたの道しるべとしたのなら

 

 

 

 

 

ちょっと  素敵かもね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 詩画 | 14:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜身体〜

冬の匂いがした

 

 

 

 

 

 

季節外れの薔薇の香りが

 

心に沁みわたる

 

 

 

 

 

空は青く澄み渡り

 

飛行機雲が真っすぐに突き抜ける

 

 

 

太陽は暖かく頬を照らし

 

風は少し冷たく 鼻をくすぐる

 

 

 

黄金色のウイスキーの味わいはまろやかで

 

暖炉の火は心に優しい

 

 

 

 

 

 

すれ違い様に漂う甘い香りは

 

遠き幼き頃の記憶を呼び戻す

 

 

 

 

 

 

この身体にいるということは

 

これほどまでに

 

味わい深く

 

素晴らしい体験なのだ

 

 

まさに祝福以外の何物でもない

 

 

 

そうであるのなら

 

今の この幸せをゆっくりとかみしめてみよう

 

 

 

取るに足らない些細なことに思う患うことなく

 

 

この素晴らしき

 

感じられることの全てを十分に味わってみよう

 

 

 

 

 

 

 

 

真実は あなたが思っているより

 

 

 

本当は やさしい・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 詩画 | 15:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜日だまりの中で〜
あの山も

あの川も

青く澄み渡った空も

光り輝く海も



頬をなでる そよ風も

甘い花の香りも

ここち良い鳥の囀りも

夕暮れ時のヒグラシも



両手に感じた我が子の重さも

君の微笑みも・・・



悲しみが世界を覆い尽くした時も

涙が枯れるまで泣いた日々も

絶望の淵へ深く落ち込んだ時も





全ては美しく昇華され



思い出とともに





虹の彼方へ・・・














 
| 詩画 | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜赦し〜
これまで歩んできた人生は

砂浜に足跡として刻まれるけれど


静かで穏やかな その波が

足跡さえも きれいに洗い流してしまう



まるで 何事もなかったかのように

何も起きてはいなかったかのように

私すら 存在していなかったかのように・・・
















 
| 詩画 | 19:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜ハート〜




顕れの形  想いは幻・・・









あなたのハートは


いつも清らかです










それが あなたの真実です























 
| 詩画 | 20:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜真理〜





 ハートの中で







永遠に・・・


























                                                            9/27



| 詩画 | 01:17 | comments(4) | trackbacks(0) |
〜ひととき〜
 



そっと















そのままで・・・



























| 詩画 | 23:02 | comments(2) | trackbacks(0) |
〜そのままで〜
 



あなたの



その瞳の奥に




それは在ります












限りなく透明な









その静謐の中に・・・

























| 詩画 | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜あなたへ〜








身体が疲れた時は





無理をなされず




ゆっくり休んで下さいね

















| 詩画 | 21:23 | comments(6) | trackbacks(0) |
〜瞳〜

※クリックで拡大

その瞳は


何を見つめてるの…






| 詩画 | 21:08 | comments(2) | trackbacks(0) |

| * | >>