08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

〜日だまりの中で〜

〜光に包まれて〜
<< 〜やすらぎ〜 | main | 〜Happy End〜 >>
〜静寂〜

真夜中の世界はとても静かです

 

 

静寂に包まれています

 

 

でも 夜が明け

 

それとともに私たちが活動を始めますと

 

世界は とても賑やかになります

 

 

そして 私たちの内なる思考活動も

 

非常に活発になります

 

 

もはや そこには真夜中の静寂は感じられません

 

でも その静寂が無くなってしまったわけではなく

 

文字通り 外側の騒音の為に感じることができなくなっているだけですね

 

 

 

街中を離れ 自然豊かな山間に足を踏み入れますと

 

そこはとても静かです

 

 

時折 野鳥の鳴き声が聞こえ

 

風が木々を揺らす音が聞こえます

 

本当に世界を騒がしくしているのは他ならぬ私たちですね

 

私たちは常に そのような騒音に囲まれ

 

本来の自然な静寂を忘れてしまったのかもしれません

 

 

ですからそのような自然の静かな場所にいますと

 

自ずと私たちの心は安らぎます

 

 

瞑想を行うのも

 

本来の私たちの静けさを再認識する為ですね

 

 

共鳴でもそうです

 

静寂を知っている方と対面し

 

その静けさと同調することで

 

今まで忘れていた自らの中に存在する静寂に気づくことができます

 

 

それは常に初めからあったのだと

 

ただ 外側の騒音と

 

内側の思考という雑音にかき消され

 

気づくことができなかったんだと・・・

 

 

それを知り 少しづつ

 

それに馴染むように意識を向け始めますと

 

だんだん 思考の波 世界の騒音から

 

影響を受けることが少なくなってきます

 

 

そして騒音ではなく 自分の本質を生きるようになります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 08:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 08:06 | - | - |









http://hikariwing.jugem.jp/trackback/3420