09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

〜日だまりの中で〜

〜光に包まれて〜
<< 〜考え方〜 | main | 〜あなた自身〜 >>
〜思い出さずに忘れずに〜
とても経済的に恵まれていて自分の望むことが自由にできる
そんな人生ならば実に楽しいことでしょう


そこまでいかなくても ある程度の自由があり 好きなものを買うことができて健康でいられたのなら素敵ですね


でも何らかの出来事が起こり もしかしたらそれらが失われてしまうかもしれません


その時 今まで感じていた幸せは悲しみに変わってしまうかもしれません


人生には予期せぬことが起こります


それによって私たちの感じ方も変化します


私たちの価値観が外から得られることによる満足感に依存しているうちは
それらに大きく左右されます


でも 外部から得られるもの以外に心を満たすことができるものがあれば いつでも幸せでいられることができます


いかに絶大なる栄華があったとしても私たちの幸せがその栄華に依存しているものであれば失われた時 幸せは消えてしまうことでしょう


裕福な時も悲しみに打ちひしがれている時も私たち全てに等しく降り注がれている幸せがあります


いつも変わらずあなたとともにある鼓動 そしてあなたに起こる呼吸


生命の源に最も近いそれらの表現を通して私たちはいつも私たちとともにあるそれを知ります


ゆっくりと静かに呼吸を感じて ともにあってみて下さい


何も語らず 何も見えず


しかし不可思議な神妙なる調べに包まれることでしょう




私たちの変わらぬ幸せは

いつも私たちとともに静かで美しい平穏の中に それそのものとしてあるのです








| - | 11:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:07 | - | - |









http://hikariwing.jugem.jp/trackback/3447