05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

〜日だまりの中で〜

〜光に包まれて〜
〜Ave Maria〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 動画 | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜楽しみ〜

私達は自らの想いを楽しむことができます

 

 

 

そして 様々な感情をかみ締め 味わうこともできます

 

 

 

五感の感覚も

 

そのどれをとっても素晴らしい限りですね

 

 

 

肉体をまとって この世界に生きているということは

 

実は この上なく恵まれているのだと思います

 

 

 

素晴らしい限りですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜過ぎ去ってゆく〜

今日の出来事も

 

全て過ぎ去ってゆきました

 

 

 

だから 今はもうありません

 

 

 

今日の出来事に気持ちが揺さぶられ

 

それがいまだに収まっていなければ

 

 

まだ 今日の出来事は想いの中で生きているかもしれません

 

 

 

 

でも

 

それさえもただ そうであるだけ

 

 

 

そうした想いも いづれ時とともに消え去ってゆきます

 

 

 

 

掴んだものだけが リアルに感じられます

 

 

 

 

手放せば そこにあるのは空だけです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 21:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜真我〜
空気は無色透明だからこそ


その中に全てを包み


全てを生かし



空気以外の全てを際だたせる







まるで私たちのようだ










| - | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜無色透明〜
空気は無色透明



味もなく



匂いもなく



色もない






だからいい











| - | 11:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜明日の楽しみ〜

今日も一日

 

 

無事おわって・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日

 

あなたは誰を愛する?

 

 

 

誰に優しくしてあげる?

 

 

 

誰を大切にする?

 

 

 

 

 

 

今からドキドキですね

 

 

 

 

 

どうぞ 素敵な明日を創造してね・・・♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 21:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜やすらぎ〜

 

やさしさは  愛

 

 

 

 

それは 

 

 

いつも心地いい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜断捨離〜

本当にとらわれをなくす為には 一度絶望しなければ無理かもしれませんね


本質が変わらないで表面だけ捨てても
多くは変わらないんですね



ちょっと大袈裟に聞こえるかもしれませんが


人生に絶望して 初めてそこから新たな視点が広がることはよくあります



今までの価値観でもって人生を改善しようとしても その基準が変容していないのでなかなか思うように変わらないことが多いんです


でも一度 人生で大きな打撃をくらってしまいますと 自ずと変容が起きてしまうんです


つまり視点が今までとは全く変わってしまうんですね


視点が変わりますから感じられることが変わります


シフトが起こります


それは全ての方に一番いい時に起こることかもしれませんね


そういう意味では
人生おまかせでしょうね








 

| - | 13:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜変容〜
日の光も


青く澄み渡る空も


花の香りも


そよぐ風も



それはいつもそう在って







私たちの気分がいい時は

それらはとても美しく素晴らしく感じられることでしょう



でも

失意の時には


世界は灰色に見えるかもしれません




世界はあるべくしてあります



それをどのように感じ捉えるかは

全て私たち次第ですね








| - | 11:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜幸せであるということ〜
今 何か不快な気持ちであると私たちは幸せであるとは感じません


でも 心を悩ませる想いがなければ 不快ではありません


気持ちが穏やかであるのならば幸せであると言ってもよいのではないでしょうか

そこで気持ちが穏やかになる多くの方法があるのですが ご自分に一番あったものがいいんですね


でも どの方法も熟練するまでは時間がかかります

ですから あせらずに根気よく続けることが大切になります


どの方法を使ってても最終的には気にしない

あまり気にならなくなった という状態になるのだと思います


つまりとらわれなくなるということですね


外側に起こることにも自分の内側から湧き上がる様々な想いにもとらわれなくなる


そういうことだと思います


すると いつもそこには平穏があり

幸せであるということです


幸せである為の多くの方法がうまくいかないのであれば なんとかしなければという力みがあるのかもしれません


自分でなんとかしようという姿勢は大切なものですが それに固執してしまいますと 新たな悩みを作り出してしまいます


そこで自らの世界に起こる出来事も 湧き上がる想いも放っておく


そうあるのだから 仕方ない


一旦はあきらめる



まっ いいか


と受け入れてみる


と それは今ある現状を変えようと奮闘することではなく あるがままに認め受け入れていることになります



抵抗がありません


私たちの内側に抵抗がないので そこは穏やかです


心が穏やかであればそこに平和があります







| - | 11:02 | comments(0) | trackbacks(0) |

<< | * | >>