11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

〜日だまりの中で〜

〜光に包まれて〜
〜ひみつ〜

ほんとのこと言うとね

 

だれも真実なんてわかっていないと思うんだ

 

というか さ

 

 

 

真実って

 

人それぞれだから

 

みんな違っていいんだよ

 

 

これが真実だ!  って ないんだよね

 

 

そう固執していたら

 

それは真実じゃないと思っていいね

 

 

 

もっと もっと自由なんだよね

 

 

 

 

だから

 

 

あなたは

 

 

あなたの感じるままに生きるのがいいって思います

 

 

 

それが どうであっても・・・

 

 

 

遅いとか 速いとかもなくて

 

 

進んでいるとか 遅れているとかも なくって

 

 

 

だから

 

 

あなたのペースで

 

 

あなたの好きなように生きるのがいい と思います

 

 

 

どこかの聖者が言ったとされることも

 

本当かどうか疑わしいですね

 

 

そんなことは 後世の人が自分たちの都合のいいように

 

どうにだって変えることができるんです

 

 

そして そうしてきたんです

 

そんなことは信じなくっていいですね

 

 

 

はっきり言って どうでもいいんです

 

 

 

 

大切なことは

 

だれか偉い人が言ったことではなくて

 

 

あなたがどう感じ どう思うか

 

 

それだけです

 

 

 

 

 

あなたが一番なんですよ

 

 

 

 

それだけを どうぞ覚えておいて下さいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜あなたらしく〜

僕は 僕らしく生きる

 

 

それが いい

 

 

君は 君らしく生きる

 

 

それが いいと思うんだ

 

 

 

 

僕は僕の好きなことを生きる

 

 

最も僕らしく生きる

 

 

そうした時

 

自分が好きで

 

そんな自分に満足できる

 

 

 

そんな自分でいる時

 

一番リラックスしていて

 

素敵なアイデアも浮かんでくる

 

 

 

だから

 

自分らしく在ることって

 

一番大事なことかな

 

 

 

だれかと比較することもなく

 

誰かの真似をすることでもなく

 

好きなように

 

心地よいままに

 

自分が自分でいられるように さ

 

 

 

 

世界で たったひとつの自分だから

 

 

とても貴重な自分だから

 

 

自分らしく

 

自分のままで

 

 

それがいい と思うんだ

 

 

 

 

 

だから

 

君は君のままで

 

君の好きなように生きるがいい

 

 

それがいい

 

 

それが一番だし

 

 

それが全てに一番貢献できるんじゃないかな・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜徒然なるままに〜

山間部の明け方と 夕方に

 

ヒグラシは鳴きます

 

 

 

その鳴き声は

 

どこか儚く

 

また 私たちを深淵な静寂に誘うかのようでもあります

 

 

 

 

 

いろんなことがあって私たちは時に

 

腹を立てるということを体験します

 

 

 

腹をたてる

 

 

腹をたてる

 

 

怒る・・・

 

 

ん〜・・・

 

 

 

 

それは自然に起こります

 

 

自然そうなってしまいます

 

 

 

 

でも

 

怒るって

 

 

一体  何?

 

 

何なの?

 

 

 

 

 

それは感情表現の一つに過ぎません

 

 

 

自然に怒ってしまうのは仕方ないですね

 

 

 

でも

 

それが自動的に

 

反応してしまうということを

 

許してしまわなくてもいいわけで

 

 

 

 

怒らなくても いい

 

ということに気づくと

 

 

 

何で怒らなければいけないのか

 

と 思い始めます

 

 

 

 

何で今

 

自分は感情を乱して

 

自分にとってわざわざ不快な気持ちにならなければならないのか

 

 

そんなことをしなくてもいいんじゃないか

 

 

 

 

 

怒るって

 

 

何?

 

 

 

 

 

 

 

もうさ

 

さんざん怒ってきたからさ

 

もう解放してさ

 

 

 

もう そんな気持ちに自分を追い込まなくってもいいんじゃないかな

 

 

って

 

 

 

 

 

 

怒るって

 

 

何?

 

 

 

 

優しい気持ちって

 

 

何?

 

 

 

 

 

 

 

僕らは どんな自分でも在れるんだよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 16:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜予測不能〜

人生で起こる出来事の大半はわかりません

 

 

ですから楽しめるとも言えます

 

 

 

子供の頃は いろんな制限がないので

 

多くの夢を持っていたり

 

とんでもない考えを抱いたりします

 

 

 

でも 大人になって

 

社会にもまれて

 

様々な制限を刷り込まれてしまうと

 

常識にとらわれて

 

洗脳されて

 

かつて抱いていた自由な発想から離れてしまうこともしばしばです

 

 

 

 

でも

 

何かのきっかけで

 

それはいきなりやってくることがあります

 

 

 

いい大人が

 

やってしまいます

 

 

 

常識を外れて

 

トンでもないことをやってしまうことがあります

 

 

 

その衝動に抗うことができず

 

理性ではいけないとわかっていながら

 

やってしまいます

 

 

 

 

人生に一度や二度は起こり得ます

 

 

 

 

 

晩年になって

 

そのことを思い出し

 

後悔するかもしれないし

 

それはそれで良かったと思うかもしれません

 

 

 

 

でも

 

 

たぶん

 

 

どなたにも

 

 

それはやってくるんじゃないかな・・・

 

 

 

 

 

僕は

 

それを とても素晴らしいことだと思っています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 15:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜解放〜

そうでなくてもいい

 

その通りでなくてもいい

 

思い通りにいかなくてもいい

 

 

 

 

いま

 

そうであることを そのまま

 

そうであるがままに

 

 

 

受け入れようと

 

あらためなくてもいい

 

許そうと努めなくてもいい

 

 

 

 

いま

 

そうであることを そのまま

 

そうであるがままに・・・

 

 

 

それでいい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 20:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜私たち〜

私にできること

 

 

それは

 

私であること

 

私を生きること

 

 

 

 

あなたにできること

 

 

それは

 

あなたであること

 

あなたを生きること

 

 

 

 

それ以外は

 

そもそもないんだし

 

どうでもよいことなのね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 20:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜信頼〜

いろいろ突き詰めてみると

 

やっぱり人生への信頼は大切だと感じますね

 

自分への信頼と言ってもいいです

 

 

信頼できなくても

 

それはそれで仕方ないのですが

 

信頼できない自分も含めて

 

まぁ 今はそういう時期だから仕方ないなぁ

 

 

 

そして 自分を

 

自分の人生を信頼してみる方向に

 

気持ちを持ってゆくことは大いなる安心につながります

 

 

 

うまくいっていると思います

 

どなたの人生も

 

 

いろんなことが起こり

 

多くのことを体験し

 

気づきを深め

 

自分を深め

 

広くて大きな自分を知ってゆくのだ思います

 

 

 

そして必ずどこかの地点で

 

あぁ やっぱり完璧なんだな・・・

 

無駄なことは一切なくて

 

私の人生は素晴らしいなぁ

 

そう思える時が来ることでしょう

 

 

 

いろんなことがあれば

 

それはそれで

 

その時は大変かもしれないけど

 

根本的に絶対大丈夫なんだなぁ・・・

 

 

そう実感されるに違いありません

 

 

だから いつも

 

いつでも大丈夫

 

いろいろあっても大丈夫

 

 

そのように信頼される習慣をつけるといいかもしれませんね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 13:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜あなたという存在〜

あなたがどんな職業に就いていても

 

社会的立場がどのようなものであっても

 

容貌がどうであれ

 

あなたの本質には全く関係ありません

 

 

関係あると思っているのは

 

その立場における思考レベルに過ぎません

 

 

あなたの仕事が何であれ

 

心を込めて精一杯されているのであるのなら

 

あなた自身は最も光輝いています

 

つまり あなたを仕事に活かしているということですね

 

言い換えれば 神なるあなたがそこに生きている

 

それは最も素晴らしく尊いことです

 

 

仕事のみならず

 

あなたが生に対してどのように向き合って あなたを生きているか

 

それによって全ては決まってきます

 

 

常にあなたがどう在るかですね

 

それこそが あなた自身であるので

 

全てあなたが決めて生きることができます

 

 

起こることは決めることができなくても

 

在ることは自分で決めることができます

 

 

自身を尊び あなたを生きること

 

あなたであること

 

それはとっても大切なことですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 19:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜美しいもの〜

おはようございます

 

 

こんにちは

 

 

お疲れさまです

 

 

ありがとうございます

 

 

 

私達が日頃 何気なく使うこれらの言葉は

 

とても美しいですね

 

 

当たり前で あまり意識して使っていませんが

 

こうした普段の何気ない言葉のやり取りが

 

私達のお互いの関係をとても良くしています

 

 

 

でも それ以上に素晴らしいのは

 

これらの言葉が生まれる前の私達ですね

 

 

言葉は私達の心を表現しているとも言えます

 

私達そのままを

 

言葉として表しています

 

 

ですから本当に素晴らしいのは

 

言葉以前の響き

 

私達の在り方であり

 

私達自身です

 

 

 

 

ありがとう と発しなくても

 

その態度で 気持ちは伝わります

 

その微笑みで 感謝の心は伝わります

 

 

 

愛しています と言えなくても

 

その優しい眼差しで あなたの気持ちは伝わっているのです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 20:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜在り方〜

私達の思考で知ることはほとんどなく

 

 

それらには限界があります

 

 

でも 私達は思考を基準に物事を図る習慣があります

 

 

それを基準にし

 

基準から外れているものは除外してしまいます

 

 

 

 

世界は とても広いですね

 

 

宇宙はとても広いです

 

 

でも それはこの現象世界のことですね

 

 

次元が変われば この世界は とても小さくなってしまうかもしれません

 

この時空間は 次元が変わってしまいますと

 

手のひらサイズに収まってしまうかもしれません

 

 

 

でも それを知らなければ それを理解することはなく

 

変わらず この世界の価値観で物事を判断してゆきます

 

 

 

現れの世界では

 

私と一輪の花は同等です

 

私と鳥は同等です

 

私と地球も同等です

 

 

 

でも

 

 

いったん本質の世界を垣間見ますと それは違ってきます

 

 

 

そこに分離はなく

 

ひとつの生命が存在しています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般記事 | 16:34 | comments(0) | trackbacks(0) |

<< | * | >>